安全安心への取り組み

AIBフードセーフティシステムの概要

このシステムはGMP(適正製造規範)を重点的に点検します。
世界の様々な法規を基にして作成したAIB国際検査統合基準に則って検査は進められます。
統合基準は5部(5カテゴリー)構成です。
1.作業方法と従業員規範
現場における食品を安全に取り扱うための作業環境、手順、および従業員規範の遵守などについて点検します。
→受入手順、保管手順、出荷手順、従業員規範など
2.食品安全のためのメンテナンス
有害生物、微生物、異物対策のための清掃活動に効果的な施設や設備の構造、および保守管理の状況について点検します。
→サビ、塗装の剥がれ、潤滑剤、仮修理の管理など
3.清掃活動
計画された清掃の頻度や清掃方法と現場の状況を照らし合わせ、清掃状況を点検します。また、清掃に関わる薬品や道具の管理について点検します。
→清掃方法、遊休設備、清掃道具の管理など
4.IPM(総合的有害生物管理)
施設内の有害生物の活動のモニタリング、有害生物防除の効果、有害生物駆除剤の適切な使用、および管理状況について点検します。
→IPMプログラムの確立、有害生物の活動状態、モニタリング、薬剤管理など
5.前提条件と食品安全衛生プログラムの妥当性
食品安全衛生管理のための必要文書を現場の状態と照らし合わせ、プログラムの妥当性を点検します。
→自主検査、清掃、フードディフェンス、アレルゲン管理、化学薬剤管理プログラム   など

AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムのホームページより抜粋